正しいデンタルケアをマスターして健康な歯を維持しましょう!

2015年10月04日

デンタルケアをしていますか?


OLさんを中心に急速に発展しているデンタルケア

お昼休みの歯磨きは定番化し、口臭予防としてガムを食べたり、
デンタルリンスを使用したり、
ミント菓子を常に持ち歩いている人も多くみられます。


芸能人さんたちは八重歯も減って、デンタルケアを行い
真っ白い歯の人がダンゼン多くなりました。


しかしデンタルケアと言っても
正確にはどんなケアのことを指すのでしょうか。

歯医者さんのホームページをいろいろチェックしてみると、
デンタルケアには次の種類があることが分かりました。


「一般歯科」
虫歯治療と、歯周病治療、こどもから大人まで
ほとんどの人がお世話になることのある一般的な治療です。


「小児歯科」
子供のむし歯治療や歯ならびの矯正治療、
歯周病の予防などを行います。


「ホワイトニング」
コーヒーやお茶、ワイン、食べものの色が染み付いき
変色した歯を白くするものです。
歯科の診療室でしますが、自宅でもやり方を教えてもらって
ホワイトニングができます。


「インプラント」
なくなってしまった歯の代わりに
あごの骨の中に人工の土台を埋め込む治療。
土台を支えとして人工の歯を並べます。

ちょっと想像しただけで、ぶるぶる。。。ですね。


「審美歯科」
歯の美しさを極めたい人が受ける歯科治療です。
ホワイトニングやインレー(詰め物)や
クラウン(差し歯)をよりよい素材の人口歯で施術します。

保健適応外の人口歯を使うとかなり割高になりますが、
ハリウッドスターのような歯になりたい!という人にはうってつけ。


「歯列矯正」
いわばプチ矯正。
前歯のガタガタを治したいけど、高いし長いし。。。という人に
提案したい前歯だけの矯正。

前歯だけでもかなり印象が変わってくるので、
前歯をなんとかしたい人に人気の施術です。


このように、
デンタルケアと言っても見た目重視から治療まで数種類もあるのです。





posted by デンタルケアに夢中♪ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | デンタルケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。